新しい魅力を提供し続けること

新しい魅力を提供し続けること

最近はパンケーキ専門店などのスイーツ専門店が人気で、メディアやSNSなどの影響もあり、大きなブームになっています。特にチェーン店でもない、普通のカフェなどでも、流行りのスイーツが提供されるようになってきました。

喫茶店やカフェでは昔からプリンやパフェ、あんみつにぜんざいなど、様々なスイーツがありましたが、時代に合わせてスイーツメニューが増えることはなんら不思議なことではありません。人々が求めるものに応えようという姿勢は、単に話題にのっかって一儲けしようという浅い考えとはまったく違うものです。変わらない価値もありますが、時代に合わせて変わることができるのも、町や人々に根ざした店ならではでしょう。

また、カフェのメニューだけでなく、営業形態も変化してきました。深夜まで営業しているカフェは今までも存在しましたが、その多くは純喫茶でした。ですが、近年は、アルコール飲料を提供するカフェも増えてきているのです。バータイムと分けるのではなく、昼間と同じメニューに加えてアルコールメニューを出す店や、昼間からアルコールメニューを提供している店など、その形態は様々です。現代は朝から晩まで様々な時間帯で働く人がいるため、メニューの提供の仕方や種類も、そのニーズに合わせて変わってきたのでしょう。

また、以前では考えられなかったことですが、「夜にこそスイーツを食べたい!」という要望を受けて、夕方から深夜にかけて営業するカフェも登場しました。〆パフェ、夜パフェなどと呼ばれて話題になった専門店は、連日多くの客で賑わっています。その名の通り、お酒を飲んだ後にラーメンなどの定番化した〆飯ではなく、「どうせならおいしいパフェやケーキが食べよう」という人が増えているのです。夜に食べたら太る、とは昔からよく言われていますが、その怖さを振り切り味わうスイーツは、多少の罪悪感も加わって極上のおいしさになるのかもしれません。そして夜でも、スイーツにはコーヒーや紅茶が合うからとカフェイン飲料を楽しむ人もいるのです。もはや昔の常識は通用しません。

どんな時間でもカフェが利用できる、おいしいスイーツが楽しめるというのは、大きな魅力です。カフェが進化を続け、新しい魅力を提供することは、幅広い世代に人気のスイーツ専門店との競争を勝ち抜くために必要なことであり、長く愛される店づくりには欠かせない努力なのではないでしょうか。話題のカフェから、今後も目が離せません。